依頼してよかったの声が沢山!遺品整理業者は仕事熱心

人気の遺品整理業者のサービスに首ったけ!作業内容も理解しよう

依頼してよかったの声が沢山!遺品整理業者は仕事熱心

遺品整理

相場より安い

遺品整理を業者に依頼すると荷物の量が多かったり、部屋が広かったりすれば高くて50万円以上はします。自分で遺品整理をした場合だと大幅に下がって10万円前後です。しかし、利便性で考えたら業者に依頼するのが理想でしょう。

こういう業者は安定の人気

遺品整理だけに限らず、特殊清掃や遺品の供養などなんでもやってくれる場所は富山で大変人気があります。他にも、リサイクルや貴重品の査定と買取にも積極的です。親切な業者は遺言書探しのお手伝いや骨董品などの価値ある品がないかを確認し、破損しないよう大事に扱ってくれます。

安くするためのポイント

ゴミの処分が無料だったのが、環境問題の悪化でリサイクルをするという意識が強くなっています。それに伴い、タンスや電化製品などの粗大ごみは、自治体やお店にお金を支払って破棄してもらうのが定番です。実は遺品整理で最も負担なのがこの粗大ゴミの処分です。自らお願いをして処分し、ある程度物を少なくしておけば見積もり金額より安く片付けることができます。また、まだ使えそうな電化製品や家具などは、再利用される可能性がありますから量が多ければその分だけ費用を抑えられるでしょう。とはいえ、物が多いとそうもいかないので相場より安い業者をとことん探すしかありません。

初めての依頼は緊張する

遺品整理をお願いしたい場所が見つかったら、自ら連絡をして作業を依頼しますが、作業開始から完了までの流れも知っておきたいところです。下記で詳しく紹介しているので見てみましょう。

こうやって進められる

問い合わせをする

詳しい話を聞くために、まず遺品整理業者に電話相談をします。作業日やその他要望があれば、相談の時に伝えましょう。個人だけではなく、賃貸を営むオーナーさんや不動産会社からの依頼も積極的に引き受けています。

見積もりを依頼する

専用フォームを入力すれば、サイトで簡単に見積もりができます。しかし、荷物の量や部屋の状況をみないと判断できない部分もあるので、作業員が現場にいき正確な見積書を提示してもらう必要があります。

片付け開始

遺品といっても、食器や小物、電化製品、衣類、金品、各食材など細かく分けて分別しなければなりません。特に権利書、書類(遺言書含む)、骨董品、保険証は、うっかり捨ててしまわないよう作業員への声かけは大事です。ちなみに経験豊富で且つ、遺品整理士の資格があるなら、こういったミスは発生しません。

必要なら掃除も行う

作業はお客さん要望の元行ないますが、部屋やベランダ、水回りの清掃が必要となってもキレイにしてくれます。全ての作業が完了したら、依頼者に部屋の状況を確認してもらい、支払いとなります。

広告募集中